スポンサードリンク

通知カードは、10月5日の住民票上の住所に住民の方々に平成27年10月以降マイナンバーが通知されます。住民票を有する全ての住民に、世帯ごとに簡易書留により郵送されます。
 平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の手続に、本人確認とともに、個人番号の記載・確認を求められることとなります。

また個人番号カードの交付を受ける際にも返却が必要となりますので、受け取られた通知カードは大切に保管する必要があります。

通知カードは紙のカードで、あなたの個人番号の他、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されており、透かし等の偽造防止技術も施されています。
ただし、顔写真は記載されておらず、通知カードを使用して番号確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証やパスポート等の本人確認書類が必要となります。

個人番号カードには、個人番号、住所、氏名、生年月日、性別の他、顔写真が記載されることとなり、番号確認と本人確認が1枚で行えます。交付手数料は当面の間無料です。

 個人番号カードの交付を希望される方は、郵送された通知カードの下に付いている個人番号カード交付申請書により、申請を行う必要があります。
 個人番号カード交付申請書には、通知カードに記載の住所、氏名、生年月日、性別が印字されている他、申請者の署名、電話番号、個人番号カードへの点字表記希望の有無、個人番号カードに搭載する電子証明書の発行希望の有無等の記載欄と顔写真貼付欄がありますので、必要事項を記入し顔写真を貼付の上、紙から切り取り、同封されている返信用封筒に封入し郵送により申請して下さい。
 なお、個人番号カードの交付申請はスマートフォン等でも行えます。

tsuchicard

個人番号が発行されるまでの間は、通知カードと免許証等の身分証明書とで本人確認を行う必要があります。

スポンサードリンク